商業用・産業用テントの施工やテント販売、オーダーメイドテント施工の丸八テント商会

サイトマップ

テント倉庫TOP


テント地用光触媒コーティング


テント地のような軟質塩ビシートに塗布可能な
光触媒コーティングのご紹介。
光触媒1
簡単な施工で卓越したセルフクリーニング効果。
ワンコートかつ常温乾燥可能であるため必要な
ところだけの部分塗りやタッチアップ塗装も可能。
光触媒
◆光触媒とは?
生地に加工された酸化チタンが、日光(紫外線)と、
空気中の酸素、水によりテントに付着した油分などの
有機汚れを分解するセルフリニューアル機能です。
テントの長期汚染防止に光触媒コーティングはいかがですか?

日時:2010年9月29日

失敗しないワンタッチテントの選び方


ワンタッチテントについて、お客様より寄せられるご相談の多くは、
強度についてです。以前購入したワンタッチテントはすぐフレームが
曲がったり、天幕が破れてしまった。というご相談です。
確かに、ホームセンターなどで購入できる安価なワンタッチテントは
キャンプやバーベキューなどで使用する家庭用のものなので、
強度は十分ではありません。
丸八テントがおすすめするワンタッチテント「キャラバンテント」は、
ジョイント部分も足部フレームも従来にないサイズ。
キャラバン_8
メインジョイント(大きく頑丈にし天幕の傾斜に合わせた形状)
キャラバン_1
足部フレーム(38mm)
キャラバン_4
三角ベース板の裏側にスチール板の補強、ペグで固定します。
キャラバン_2キャラバン_3
ベースプレートを使用してさらに安定感
キャラバン_5
その他、壊れやすいストッパー&プルリング等もサイズUP。
ボルトも故障の少ない一本ものです。
フレーム種類は、ステンレス・アルミ・スチールと豊富
キャラバン_6
天幕は、防災・防水・UVカット塗布処理されています。
(ポリエステル500D、耐水性 1000mm)
キャラバン_7
お買い求め頂くなら、末長く、安全に使ってもらいたいから、
丸八テント商会は『キャラバンテント』をおすすめしています。
キャラバンテントの価格表はこちら>>

日時:2010年9月13日

防炎加工と不燃性能について


火災時の安全面を考慮したテント素材として、『防炎』と『不燃』という
言葉を耳にします。この二つの性能の違いについて説明します。
■防炎加工
防炎とは「燃えにくい」という性能を示す用語です。
仮に着火しても自己消火性があり、際限なく燃え広がらないことを意味し、
炎が当たった部分だけ焼け落ち、その周りは黒く焦げて鎮火します。
 -ほとんどのテント生地は防炎加工が施されています。
オーニング1
防炎マーク
防炎マーク2
■不燃性能
不燃とは「炎を加えても燃えない」ではなく、あくまで「燃え抜けない」
という解釈です。テント地の基布をガラス繊維で作り、その表裏面を
塩ビ樹脂でコーティングしたもので火事の際は塩ビ樹脂の部分は
燃え落ちて、ガラス繊維で出来た基布だけが残ります。
 -テント倉庫、工場の間仕切りなどに適しています。
 -折り曲げに弱いので装飾用としては不向きです。
不燃材テント倉庫
◆不燃認定材料とは
建築基準法では、火災に備えて、さまざまな規定を定めています。
その中のひとつが防耐火材料についての規定です。
防耐火材料とは、不燃材料・準不燃材料・難燃材料を指します。
これらには、建築物の規模、用途、場所などに応じて、細分化された
使用規定があります。その不燃・準不燃・難燃材料については、国が
定める試験機関において厳密な試験が行われ、その後、国土交通大臣が
認定することになっています。
この認定を受けていない材料は、法的規制のある部位への使用ができません。
不燃マーク

日時:2010年9月10日

不燃テント


不燃テントに関するお問合せをよく受けますので
以下に不燃テントについて簡単にまとめてみました。
■不燃性能
不燃とは、「炎を加えても燃えない」ではなく、あくまで「燃え抜けない」という
解釈です。テント地の基布をガラス繊維で作り、その表裏面を塩ビ樹脂で
コーティングしたもので火事の際は塩ビ樹脂の部分は燃え落ちて、ガラス繊維
で出来た基布だけが残ります。
 -テント倉庫、工場の間仕切りなどに適しています。
 -折り曲げに弱いので装飾用としては不向きです。

◆不燃認定材料とは
建築基準法では、火災に備えて、さまざまな規定を定めています。
その中のひとつが防耐火材料についての規定です。
防耐火材料とは、不燃材料・準不燃材料・難燃材料を指します。
これらには、建築物の規模、用途、場所などに応じて、細分化された使用規定が
あります。その不燃・準不燃・難燃材料については、国が定める試験機関において
厳密な試験が行われ、その後、国土交通大臣が認定することになっています。(不燃材料認定番号)この認定を受けていない材料は、法的規制のある部位への使用ができません。
【不燃認定基準】
1.燃焼しないものであること。
2.防火上有害な変形、溶融、き裂その他の損傷を生じないものであること。
3.避難上有害な煙又はガスを発生しないものであること
【関連法令】
・建築基準法第2条第九号(不燃材料)
◆膜材認定材料とは
建築材料の品質について国土交通大臣が定めるもの(指定建築材料)のうち
膜材料及びテント倉庫用膜材料として認定されているものです。
【関連法令】
・建築基準法第37条第二号
◆不燃テント
不燃認定材料を使用することが義務付けられている防火地区などに
使用可能なテント膜材のご紹介
テイジン FG-8F
不燃テント
国土交通大臣認定番号
不燃材料認定番号 NM-0414
膜材料認定番号 MMEM-0009

この他に、間仕切り用の不燃材などもございます。
用途、施工場所に合わせてお見積致します。
メールまたは電話で、お気軽にご相談ください。

日時:2010年6月25日

テントブログ
Link Copyright(C) 2019 テント MARUHACHITENT CORPORATION. All rights reserved.